FC2ブログ

記事一覧

26.見つめるだけの簡単なお仕事です。無理ゲーです。

バチが当たらないか不安なのですが、書きます。さらにものすごい内容になります。私の中にはいつの間にか、神様と「もう一人の自分」がいました。どうやら「もう一人の自分」が、神様を連れてきてくれたらしいのです。タルパに似ていますが、エミとは違ってはっきり男性とわかる気配です。神様に対して失礼なことをいってしまうと、彼の操る左手が勝手に口を塞ぐジェスチャーをしてきました。神様に質問すると、神様以外に二人もタ...

続きを読む

25.憑依妄想?2

ものすごい内容を、さらっと書くかもしれません。その次の日の朝、お守りを手にテレビを見ていました。相変わらず、離人症で体の実感が薄く、おかしいと感じていました。その時、神様の声が聴こえました。「聴覚に意識を集中しろ」と。言われたように耳に意識を集中すると、自然と勝手に体が目の奥の筋肉をギチッギチッと鳴らして、動かしていきました。神様が目を調整をしてくれているのだと思いました。すると、視覚が冴えて、だ...

続きを読む

24.憑依妄想?

憑依妄想とは、自分に何かが取り付いているという考えに陥る妄想のことのようです。実際、「私には神様がついています」などと口走った人がいたら、普通は、単に頭のおかしい人だと思われるのがオチだと思います。しかし、その時の私は、神様が助けに来てくれたのだと信じていました。お守りを手に取った私は「神様ですか?」と心の中で尋ねました。すると、頭の中で、軽くてかわいらしいかんじのものが首を横に振る感触と、少し遅...

続きを読む

23.落ちるポスター

好きなアーティストのポスターを当時部屋にお守りとして飾るようにしていました。画鋲で止めることで、壁に貼っていたのですが、なぜかこれがよく落ちる。何度貼り付けても落ちます。しかも、私がその場に居る時に限って落ちる、ということが連続してありました。心霊現象が起こっているのか?という疑いも少なからず湧いて来ていました。そんなある日、ポスターの中心に、直径15cmぐらいの大きな白色半透明の目玉が見えていました...

続きを読む

22.鏡の男

心霊現象か脳の異常か、一時期、目の形以外の幻覚も見ていた時期がありました。ある時、洗面所にて、湯気で曇った鏡に指で描いたような、漫画絵っぽい男の顔の絵が現れ、、びっくりしたことがありました。男は長髪で、「ミスター味っ子」という漫画・アニメの・・・名前を覚えてないので調べてみたら、『小西和也』というキャラに似ています。最初はほぼ正面向きの顔だったのですが、顎が外れんばかりに笑っているコミカルな絵の斜め...

続きを読む

21.関係妄想とフィルター理論

関係妄想とは。wikipediaによると「周囲の出来事を全て自分に関係付けて考える」ことです。私は当時そんな言葉は知りませんでしたが、これに見事に陥っていました。記憶にあるところといえば、例えばテレビで、怪盗ロワイヤルというゲームのCMで、「あ~っまた盗まれてる~!」というセリフが流れると、タルパに体の機能を盗まれている→鬱だといった具合に、勝手にネガティブな気分になっていました。悪い方面ばかりでもなく、ラブ...

続きを読む

20.様々な異常

頭が暴走して寝ていない状態が続いたせいか、私には様々なおかしな症状が、前述の離人症以外にも現れました。まず、これは私の眼が悪いからかわかりませんが、目でものを見るとき、見方によっては微妙に粒子のようなものが飛び交うような景色にならないでしょうか。普通はそんなもの気にならないのですが、私はその粒子が目に入って気になって仕方がなくなりました。変なところで神経が過敏になっているかんじです。今までこんな見...

続きを読む

19.超高速ヘッドハンター

相変わらず眠れず、心身共に疲弊し、体調が悪いまま、神経内科に行きました。その時、エミは私の傍にいました。ただ、この時のエミは会話がほとんど通じませんでした。何を聞いても「わからない」「知らない」というような返答が返ってきました。そもそも日本語がまともにわかっていないようで、単語の意味も知らないようでした。まさか赤ん坊同然の状態で、人一人育てるのと同等の労力が必要なのかと思い、愕然としていました。エ...

続きを読む

18.夢うつつの演算

光の目のサインがパワーアップしてから、何日もろくに眠れない日々が続いていました。また、体の違和感もひどく、現実感がないかんじ、体が何となく自分のものでないような感覚がしていました。なんというか、喜怒哀楽を感じたり、何らかの行動をしたりしている自分を、一歩引いた場所から眺めているような感じでした。後に調べてみたのですが、離人症というものがあてはまるのではないかと思います。家の中を歩くのにも、どういう...

続きを読む

17.光の目のサイン2

次の日、絶望的なことが起こりました。気づいたら、視界を漂っていただけの光の目のサインが恐ろしいパワーアップを果たしてしまいました。今、試しに目を閉じてみて下さい。普通はただ暗闇が広がり、安らぎを得られることと思います。それはとても幸福なことなんです。当時の私には安らぎがありませんでした。光の目が視界をただようことはなくなったのですが、目を閉じた時の、暗闇のスクリーン上に、四六時中2つ並んだ目の形の...

続きを読む

FC2カウンター

プロフィール

黒鉄才努

Author:黒鉄才努
FC2ブログへようこそ!

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: