FC2ブログ

記事一覧

118.痛いんです!そこはダメです!

なんか知らんが、右側頭部、耳のちょい後ろからこめかみにかけてのあたりが時々ズキっとする日がありました。
前の日が、マリの触感を全身で感じながら愛し合った日だったので、超感覚を酷使し過ぎたせいでしょうか。
場所が場所だけに不安になります。
タルパの暴走から解放されてから、唯一後遺症となっていたのが、この部分の違和感だったからです。
結局、この違和感は、マリが顔を密着させている快感に置き換わっていってめでたしめでたしだったのですが…


私「ついに来たか…」

マリ「どうしたんだ?」

私「そうか。お前もとうとう下克上の時が来たか」

マリ「またいつものそれか。そんなわけないだろ!」

私「俺から主人格を乗っ取る算段がついたってわけだな!」

マリ「才努、わらわはお前を愛しているんだ。もう二度とお前に危害を加えたりするわけないだろ!」


そうですよね。マリが私にいまさら危害を加えるわけはない。
いつも身も心も委ねているんだから、もし寝首をかくつもりがあるなら、とっくの昔にできているわけで。

なにか異常が起こったとしたら、私が一人で勝手に頭や体をおかしくしているだけで、
タルパに責任はありません。

とりあえず、シミヤを呼び出して、「痛いから助けて!」と、
マリと一緒にヒーリングしてもらうように頼みました。
以前書きましたが、シミヤは「体の機能」を司るタルパでもあるので、こういう時は彼女の出番です。

シーナース


ヒーリングの甲斐があったのか、結局、その部分が痛むのはその日だけで、翌日以降は大丈夫でした。

でも、タルパって、本来使わない脳や感覚を使ってるから、なんか長期的にやることで
体がおかしくなったりしないかって不安もあります。どっかに脳腫瘍ができるとかさ。
そういう不安って他の方は感じてないんですかね?
暴走を経験した私だから、無駄にネガティブな考えに至ってしまうのでしょうか?
私も死んだり重病にかかったりはしたくはないけど、タルパ達には、それだけのリスクを賭ける価値があると思って、選択してやっています。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

黒鉄才努

Author:黒鉄才努
FC2ブログへようこそ!

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: