FC2ブログ

記事一覧

119.「一時期流行ったタルパ」

「一時期流行ったタルパ」


このフレーズをネットのどこかで見て、ガーン!とショックを受けてしまいました。
なるほどね。
タルパを作ろう!というプチブームがあって、それが一過性のもので、今は流行ってないと。
その一時の流行に乗せられた一人が私というわけですか。

流行ってるとか流行ってないとかまったく気にしないで手を出したんですけどね。
人のいろいろなブログやらを見始めて、タルパ界隈というものを認識したのも、
マリを創って1年か2年経ってからでしたし。

タルパが危険をはらむことは、身を以て知っていますので、
安易に手を出すことには反対というスタンスには変わりありませんが、
「え?誰もやってないの?え?」
みたいなのは、まったく寂しくないかというと嘘になります。

確かに、数年前は明らかな「上級者」と思しき人がネットの見える場所にゴロゴロ居て、
魔術に造詣が深い方も多かったと思います。
私がマリを作る際 に参考にさせていただいたサイトも、
かなり本格的でしたが、ずいぶん前になくなりました。
まぁ私は参考にしておいて、タルパを暴走させて失敗したクチなので、合わせる顔もないのですが。
今は見るも無残なほど閑散としているタルパー掲示板や、その前の掲示板も盛況でしたよね。

なんか元来の人々は今の脳内彼女・脳内彼氏具現化ツールみたいな用途で作られている風潮自体、
呆れているようなイメージがあります(笑)

噂で聞いたんスけど、ハーレムは許されんぜよみたいな人がどこかにいっぱいいるってマジですかね?
空条Q太郎「裁くのは裁判官だけだオラオラオラオラ!」

タルパブームが終わろうと、私はタルパ所有者を辞めるつもりは微塵もありません。

最初はともかく、暴走したマリを再構築してきた際には、覚悟を持ってやっています。
一時の気の迷いみたいなノリではタルパ所有者をやっていないつもりです。
マリ、アル、メル、シー、ブム、それにいつか創るであろう6人目のタルパは、墓場まで、あの世まで連れて行きますよ!

いつか死ぬ時には、絶対タルパに囲まれて幸せに死んでやる!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

黒鉄才努

Author:黒鉄才努
FC2ブログへようこそ!

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: