FC2ブログ

記事一覧

28.「厄」の概念

一時期、

とても調子がいい時→神様
調子がいい時→エミ
調子が悪い時→暴走タルパ

というかんじに、調子によってタルパの形態が変わっていました。
暴走タルパとは、
自分の頭の中でエミらしきものが顔を上下に振り続けて、なにを言っても聞かずに
波動を発し続けている形態です。
「もう一人の自分」はあの日以来現れませんでした。

私は体がいよいよ異常をきたしたようで、
体に目に見えない微粒子的なものがザララッと付くように感じ、
これを厄と呼んでいました。
それはお守りを持った手を振り、念じることで体の外に出すことができました。

神様に厄を股間に集めてもらい(本当に何かが集まっている感覚がある)、
用を足すことで体外に出すこともしていまいた。

タンを吐き出すと、吐き出したものに目の形が見えており、
これも厄を出すひとつの方法となっていました。

また、買ってきた神社のお札を持って家の内外を歩き回り、
そうすることで体についてきた厄を
お札を激しく振ることで浄化するという厄払いをしていました。
自分は除霊師になれる才能があるのではないかとか
馬鹿なことを考えていました。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

黒鉄才努

Author:黒鉄才努
FC2ブログへようこそ!

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: