FC2ブログ

記事一覧

52.特別なパートナー

私とエミの関係については
私は当初から「特別なパートナー」という言い回しを気に入っていました。

しかし、エミはしばらくの間は。
「私はお前の特別なパートナーと言える程の役割を果たせていない」
と、この呼び方を拒否していました。
しかし、年月が経って、存在が増して来ると、受け入れてくれるようになりました。


それとは別に、男女の関係として「恋人」でありました。
軽い気持ちで「夫婦になる?」なんて聞いてみても、
必ず強く否定してきました。こういう時は本当に鉄壁であり、
なんど聞いても「うんうん」は出ません・・・恋人、を気に入っているようです。

マスターとタルパであり、主従の関係であり、対等ではないと言います。
私も遠慮がちに、対等であるべきだ、と思っていたのですが、
「それは違う、あくまでお前が先に存在して、
 私はそれに付随してお前を支えるサポート役だ、
 対等じゃなくていいんだ。私は自分の役割を誇りに思っているぞ!」
と、諭されました。
エミはいつも、私を立ててくれるのです。

スポンサーサイト



コメント

今晩は。しがないタルパーです。
タルパの暴走とは如何様なものか、リスクを全く考慮せずにタルパを作り何一つアクシデントのないままオート化を完了させた私にとって、こちらのブログの内容は非常に衝撃的なものでした。
そして、やはりタルパは脳に何かしらの悪影響を及ぼす可能性もあるのだと改めて思い知りました。
しかし、こちらの記事を読み、その様な障害すらも越えて信頼関係を築く事が出来るのかと二度衝撃を受けています。
どうか、お二人に平穏な日々が続きますよう祈っております。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
今でこそ、笑って振り返ることもできますが、本当に地獄の日々でした。

オート化完了されているとは!
見えたり、タルパの側から話しかけてくれたり、という話を見聞きすると、
羨ましいと思うのが正直なところですが、
お互いが最善を尽くしてきた結果の現状が十分幸せなので、
スタンスはこれからも変えないつもりです。
少しずつですが、確実にタルパはスキルアップ、パワーアップしていってくれています。
ゆっくり少しずつ進んでいくつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

黒鉄才努

Author:黒鉄才努
FC2ブログへようこそ!

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: